TOP » ニュース » 【スクール生徒募集中!!】サッカースクールの常識を超えた本格派指導で実力アップしませんか?

年代別スクール

  • COJB少年サッカースクールページへ移動します。
  • ジュニアユースページへ移動します。
  • トップチームページへ移動します。

横浜市港北区新吉田東6-48-8-201
TEL:045-534-1516
E-mail:info@mundo-do-cojb.com

テクニック集へ移動します。

COJBブログ

  • 今野代表ブログへ移動します。
  • COJB育成日記ブログへ移動します。
  • ブラジル情報ブログへ移動します。
  • 博多名物しろ味噌もつ鍋 もつ真路(もつまろ)へ移動します。
  • FC COJB ブラジルサッカー育成部門

【スクール生徒募集中!!】サッカースクールの常識を超えた本格派指導で実力アップしませんか?

【生徒募集中!!】
サッカースクールの常識を超えた本格派指導で実力アップしませんか?

低学年は高学年から学び、高学年は中学生から学ぶ型破りな育成スタイルがCOJBです。

南米の選手育成のスタイル『良いことも悪いことも年上から学ぶ』をモットーとしています。

ここから、高校での即戦力、プロ選手が育っております。

【実戦で遭遇する動き、技術を本格派指導するスクール形式 COJB】

全て、実際の試合を想定したトレーニングを強調して実施します。

パス、トラップ、ドリブル、シュート、サッカーの動き、ステップ・・・等

また、育成の観点として、サッカーの技術に限らず、精神的、教育的な部分も
指導させて頂きます。

メンバーとコーチとの信頼関係を作り、保護者の方々との連携を図り、サッカーを通じて
力強い大人にしていくためのベースを作りたいと思っています。

特にCOJBスクール赤田東会場(※)は皆さんが所属クラブで試合をする実戦的な距離感で練習します。

COJBで、あなたの所属しているクラブで活躍できる選手を目指しませんか?

では、実戦的な距離感とは?

実際の試合(公式戦等)でフルコートで走る距離、
狭いフットサルコートで走る距離は大きく異なります。

例えば、フットサルコートで足元の技は磨けます。
しかし、大半の小学生の試合は人工芝や天然芝ではなく、クレーのコートで
フルコートで行っていると思います。

フルコートでは、パスの距離、長い距離のボールをしっかりと止め、コントロールする。

相手との間合い。走る距離。キック力。

しっかりと身につければ相手を上回れることは間違いありません。

狭いコートでのパスを出す、または受ける距離感はフルコートで受ける距離感とは
大きく異なります。

実戦の距離感でパスやトラップ練習をすること、また、そこにDFをつけることで、
実戦でのコントロールに違いが出ます。
なぜボールが止まらない?

なぜ蹴れない?

なぜボールを運べない?

なぜ走れない?

などを、改善します。

素人の子でもやる気さえあれば成長しています。

 

特に、赤田東会場(木)はフルコートで実践。3年生からは特にお勧めします。

フットサルコートでの練習は、足元の細かいテクニックは学べ、プラスです。
しかし、子供達はU12のクラブに所属していることが大半で、試合はフットサルコート
ではやりません。

フルコートで行う試合、フットサルコートではパス、キック、走る距離感は大分異なります。

クラブで学べないこと、
なかなか個人的に習得できづらいものをサッカースクールに求めます。

本人の気持ちは「所属クラブで試合に出たい!!」

親の気持ちとしては「試合に出れるように巧くさせてあげたい!!

だからスクールを選択すると思います。

なので、力がつかなくてはなりません。

どの部分でアピールしていくのか?

小学生云う「上手い」と言われる子は、

足が速い、キック力ある、足元のテクニックがある、当たりが強い、ドリブルが上手い

どうしても目につきます。

自分は何をセールスポイントにできるのか?

長所を伸ばし、短所を改善する。

スクール生の所属クラブの試合を時折拝見し、その子には何が必要で、スクールで何を
改善していけば良いのか?も分析しています。

このような本格的な指導に是非、無料体験で参加してみて下さい。

お待ちしております。

ニュース一覧へ>>