TOP » ニュース » 【育成日記】「やる気はあるのに・・・」を更新しました!!

年代別スクール

  • COJB少年サッカースクールページへ移動します。
  • ジュニアユースページへ移動します。
  • トップチームページへ移動します。

横浜市港北区新吉田東6-48-8-201
TEL:045-534-1516
E-mail:info@mundo-do-cojb.com

テクニック集へ移動します。

COJBブログ

  • 今野代表ブログへ移動します。
  • COJB育成日記ブログへ移動します。
  • ブラジル情報ブログへ移動します。
  • 博多名物しろ味噌もつ鍋 もつ真路(もつまろ)へ移動します。
  • FC COJB ブラジルサッカー育成部門

【育成日記】「やる気はあるのに・・・」を更新しました!!

COJBの平野です。始めましての方も多いかと思いますが、COJBにてコーチを務めさせて頂いております。
久々のブログ更新なのでどこから書こうか迷っていますが、これから定期的にCOJBのことを中心に書いていこうと思いますので、宜しくお願いします。

先日、パチューカ所属の本田圭佑選手のツイッターでのつぶやきが話題にあがっている。
「努力が人よりも続けられる人は必ず成功する。そして努力の方法が分かっている人は大きく成長できる。
理由は簡単で、ほとんどの人が努力を続けられへんから。
そして努力を続けられへんのは、目的がないか、目的を見失っているから」
※ツイッターより引用

まさにその通り。文字で見ると決して難しいことではないのだけれど、非常に奥深いものを感じる。

どこのクラブにも多いと思うのだけれど、
「やる気はあるのか!!」
「やる気を出せ!!」
「やる気を見せろ!!」
こんな言葉がコーチ陣から飛んでいることって珍しくないと思う。COJBでも例外ではない。しかし、練習が終わってみると思いのほか気合を入れられた選手は良いプレーをしたり、少なくとも気持ちの変化が見れる事が多い。

ある企業のCMで「君のやる気スイッチはどこにある?」といったものがあったけれど、ある意味やる気にさせるのは簡単なことだと思う。自分が今していることに対して「やりたい」「やらなければならない」「とことんまでやらせる」と言った具合に最終的には半強制的に外側から追い込んでいけばいいのだから。
COJBのメンバーも特にキツイ練習は「やらなければ終わらない・・・」のを知っているから、どこかでやる気スイッチを入れて頑張る事が出来る。
しかし、やる気は長続きしない。やる気があるのはいいことなのだけれど、それを継続させるには全く違った要因が必要となる。

やる気は「外的要因」
ようは自分以外のとこからの声かけやら環境で変化するのだけれど、それを「内的要因」自分からの自発的な意識に変えなければ、成長には繋がらない。本田選手の努力という言葉にその全てが詰まっていると思う。
大事なのは「やる気」ではなく、ずばり「本気」。

「本気」とは「本当の自分の気持ち」と僕は解釈している。
「本気で取組みたい」
「本気で変わりたい」
「本気で上手くなりたい」
そう自分から思えるようになれば時間はかかるかもしれないけれど、目的を見失わない限り絶対に成長に繋がる。自分で色んな方法を試行錯誤試したり、何度失敗しても自分の気持ちが本物であれば必ず成功に繋がる。

COJBのメンバーも例外ではなく、やる気は感じる。だけど残念なことにそこで止まってしまっている。何かと自分に言い訳をして練習を休む。口ではかっこいい事を言うけれど、その気持ちが本当の気持ちであれば必ず結果は出るはずだ。自分たちの胸にもう一度手を当てて考えて見て欲しい。
まだ中学生。決して遅いことはない。1日でも早く、1人でも多くのメンバーが「やる気」ではなく、「本気」の覚悟を持って日々過ごすことに期待したい。

平野コーチ

画像 393
(平野コーチブラジル時代/左、サンパウロFC不動のGKホジェーリオセニ/中央、cojbがプロモーションした選手 ウェンデル/右)

ニュース一覧へ>>