TOP » ニュース » 【Jr.ユースセレクション情報】「個を育てるスペシャリスト的クラブ FC COJB」

年代別スクール

  • COJB少年サッカースクールページへ移動します。
  • ジュニアユースページへ移動します。
  • トップチームページへ移動します。

横浜市港北区新吉田東6-48-8-201
TEL:045-534-1516
E-mail:info@mundo-do-cojb.com

テクニック集へ移動します。

COJBブログ

  • 今野代表ブログへ移動します。
  • COJB育成日記ブログへ移動します。
  • ブラジル情報ブログへ移動します。
  • 博多名物しろ味噌もつ鍋 もつ真路(もつまろ)へ移動します。
  • FC COJB ブラジルサッカー育成部門

【Jr.ユースセレクション情報】「個を育てるスペシャリスト的クラブ FC COJB」

「個を育てるスペシャリスト的クラブFC COJB」

ジュニアユースクラブを選択する上で、県下でチーム成績が良いクラブに誰もがセレクションを受け
そこに合格しに行くというチャレンジも大切ですが、チーム成績が良いクラブ出身の選手が
高校で常に同じ評価をされるとは限りません。

また、上手い選手とやれば更に上手くということは相乗効果は確かにありますが、それが全てではありません。
中学生時代にしっかりと中身を詰めれば、高校で逆転するケースがございます。
そのことをしっかりと弊クラブの卒団生が高校で証明してくれております。
U15時代のメイン公式戦、クラブユース選手権、高円宮杯で片や1回戦敗退チーム出身、
片や、チャンピオン、関東大会、全国大会まで経験している選手達と高校ではライバルになるケースがあります。
そこで、それらの明らかに大きな大会を経験している選手と競争に打ち勝ち、1年生からAチームでスタメンの座を
獲得しているOBが毎年と言っても過言ではほど輩出されています。

これは単なる偶然ではないと思います。何か根拠があると思って下さい。
弊クラブの選手達の高校へ行ってからの開花の実績を知って頂ければ一目瞭然です。
文武両道の川和高校、県下では強豪高校の一つとされていますが、その3年時のスタメンDFライントリオは
全てFC COJB出身の選手達です。
高校選手権、日大日吉がベスト4になった際に1年生からスタメンで確保した選手もFC COJBです。
法政二高が同じく選手権予選でベスト4になった時のセンターバックもFC COJBです。
2017年度の選手権予選で惜しくもベスト16で敗退してしまいましたが、慶應義塾で1年からスタメンに選出されている選手も
FC COJBの出身です。

今季新しくスタートした高校U16のトレセンに2017年度 3つの高校からFC COJB出身の選手達3名が選出されております。
3期生のOBは現在、ブラジルでプロ選手としてリーグをスタメンで戦いチームMVPになりました。
チーム成績が仮に出なくても、残すお土産がついてくる。一生懸命やり続けた選手には成果は後からついてきます。
その環境、指導をするのは指導者の役目だと思います。
そうとは言いましても、COJBも過去に色々と失敗をしております。
とらえようによりましては「チーム成績が獲れないからそう言っているのでは?」と思われて
しまいがちですが、実は弊クラブもリーグで言えばトップリーグ、その一つ下のリーグにもおりました。
その反響からか多くのメンバーを獲得させて頂きました。一番多い時で、U13では36名獲得させて頂いた時も
ございます。

しかし、多くのメンバーを獲得したために、一人一人のメンバーにコーチの眼が行き届かなくなり、
選手のモチベーションと実力アップに繋げる濃い指導にならなくなってしまった経緯があるのです。
中学年代と言えば、サッカーだけに留まらず、文武両道で、ハードルも高くなります。
気持ちがぐらぐらと揺れ動くこともあります。
ちょっと前までは1年生で入団してきたと思ったら、あっと言う間に受験時期に差し掛かり、受験勉強時期を
いれますと、3年間丸ごと指導できる選手は少ないです。
それだけに中身が濃いものでなければ、ならない年代でもあります。
時に学校のように個人面談、三者、四者面談をする場合もございます。
正直、時間などは関係なしに、内容によりましては5時間の面談になることもなくはありません。
それだけ、お互い真剣だということかもしれません。難しい年代だからこそだと思います。

やがて、サッカーというスポーツを通じて、子供から大人に精神的自立をし、社会を背負っていけるような
逞しい若者を育てるという先を見据えた指導が主旨です。
時には保護者の方々とお互い納得がいくまでお話をする時もございます。
それは一重に、子供の成長、自立を促すために他なりません。
COJBは敢えてその部分に時間を費やします。
保護者の方々とコーチとの連携で、子供を教育しています。
一風変わったクラブかもしれませんが、11年間の中学生年代で一番必要なこととして、行き着いた答えは
そこにあります。

ご子息を徹底的に鍛えて欲しいと願われています保護者の方々には是非、お勧めのクラブであることを
自信をもちましてPRさせて頂きます。
お待ちしております。

【セレクションのご案内】
※各日程に定員制限がございますので早めにご応募下さい。また、ご希望の会場をお伝え下さい。
宜しくお願いします。
連絡先/090-9679-4018(今野)、090-9679-4019(小林)
※恐れ入りますが、時間帯によりましてはご応対ができない可能性もございます。
お手数ですが留守電にメッセージをお願いします。必ず折り返させて頂きます。
宜しくお願いします。
HPからのお問合せ/info@mundo-do-cojb.com

11/13(月)会場 新田中学校体育館  18:50分 受付 19:10分開始 21:00終了
セレクション生定員/5名
11/14(火)会場 新羽中学校グランド 18:45分 受付 19:10分開始 20:45終了
セレクション生定員/10名
11/20(月)会場 新田中学校体育館  18:50分 受付 19:10分開始 21:00終了
セレクション生定員/5名
形式/ゲーム
少人数招集でじっくり選考させて頂きます。
持ち物/体育館の場合、トレーニングシューズ要持参
参加費/1,000円(当日受付の時にお渡しください)
近年の「個」の実績

(現在籍メンバー)
2017年度    横浜クラブトレセンU15 村井虎之介(GK)
2017年度    横浜クラブトレセンU14 吉川大進(MF)
2017年度    神奈川トレセンU13 岩岡一翔(FW)

(2017年度卒団生) 
トレセンU16(高校1年生) 3名選出(清瀬/光明相模原高校 山本/慶応義塾 森/創学館)
クラブ特長/
●サッカー王国ブラジルで一流の選手、指導者達に触れて来たコーチが、これからの若い世代に、育成として
何が大切なのか?上のレベルで通用するためのサッカーを直々に伝えられる数少ないクラブ
●毎年希望者はブラジル遠征参加が可能で、世界基準の選手達と試合、交流ができるクラブ
●Jr.ユース11年間で、プロ選手を輩出しているクラブ
●海外のネットワークも強いクラブ
●小学生時代特に際立ってなくても、高校年代で即戦力を生み出す指導法があるクラブ
●私立高校からCOJB枠として特待生制度として優遇されているクラブ
チーム成績を選ぶか、高校年代を見据えて個の成長を重視して考えるか?は貴方次第です。
●一人一人目が行き届く指導(少人数制指導で、一人に掛けられる時間がある)

ニュース一覧へ>>