TOP » ニュース » 【スクール日記】U12カテゴリーの基礎徹底は急務

年代別スクール

  • COJB少年サッカースクールページへ移動します。
  • ジュニアユースページへ移動します。
  • トップチームページへ移動します。

横浜市港北区新吉田東6-48-8-201
TEL:045-534-1516
E-mail:info@mundo-do-cojb.com

テクニック集へ移動します。

COJBブログ

  • 今野代表ブログへ移動します。
  • COJB育成日記ブログへ移動します。
  • ブラジル情報ブログへ移動します。
  • 博多名物しろ味噌もつ鍋 もつ真路(もつまろ)へ移動します。
  • FC COJB ブラジルサッカー育成部門

【スクール日記】U12カテゴリーの基礎徹底は急務

自分は出来ていると思っていても、実はできていない。

それは基礎です。

この勘違いは、なにも小学生年代だけではありません。

中学生、高校生も一緒です。

サッカーも試合の中のプレッシャーがある中で、正確な技術が上のレベルに行けば行くほど要求されるスポーツです。

よくありがちなケースは、身体能力任せでサッカーをして来て、基礎技術をおろそかにしてきてしまった人。

足元のボール扱いの器用さだけで通用してきてしまった人。

ボールを器用に扱う人=試合の基礎が確立されているとはなりません。

日本では、相手のプレッシャーなしの練習が多く、リフティングなど一人で行う技術はかなり進んでいるように思います。

ボールに親しむ、しっかりと扱うことに関して、一人で狭いスペースでもできるリフティングはできるに越したことはありません。
どんどん時間があるときにはやるべきだと思います。

しかし、忘れてはいけないのは、しっかりと蹴る、しっかりと止める、視る、運ぶ、動くなど基本中の基本を
よりこだわりを持って正確にプレーすることを意識して練習することです。

高校生になってから「俺、基礎できてない」と痛感するよりも、小学生の内から養えた方が良いに決まっています。

高校生になれば、基礎よりも他に学ぶべきものがあるからです。基礎は継続して当たり前。緻密で、ミスが許されないレベルであれば、おのずと正確な技術が必要で、それがなければ、そのミスで失点に繋がってしまうこともあります。

正確にパスを出す。正確にボールキープして簡単には奪われない。など、このようなものは、全て地道な反復練習から習得します。

小学生は理屈で覚えるより、体にしみ込ませることです。

眼で見て実行する。そして、自分でも練習する。

ゲームをする時間を少しでも削って、練習するのです。上手い人は皆、陰で努力します。

人と同じ行動は取りません。人が休んでいる時に練習します。誰よりもうまくなりたいからです。

そんな思いの強い人が、上に残ります。

小学生からそのような気持ちで取り組めば、頭一つでるチャンスは大いにあります。

チームに所属しているから。スクールにいくつも通っているから上手くなるとは限りません。

スクールにいかなくても、自分で努力する人は巧くなるのです。

パス一つの出し方もしっかり一つ一つ行うことです。

パスの出し方も、できれば小学生の内から変な癖を取り除いていければパスの精度はあがります。

小学生のメンバーには常に伝えています。

『体格、スピードなどは大人に敵わないし、真似できないけれど、技術は真似できる』と。

実際にブラジルのU12、U11年代の試合を観ているとそれがはっきりわかります。

同じパス回しをみていても、出し方、動き方、身体の使い方も日本の子供達と違います。

その違いは、ブラジル人だからできるというものではなく、日本の子もできるものです。

基礎の大切さを感じながら、個性を伸ばす。より多くの良い選手を輩出していきたいですね。

ニュース一覧へ>>