TOP » ニュース » 【Jr.ユース】FC COJBとは? が12月にセレクション&練習会実施します

年代別スクール

  • COJB少年サッカースクールページへ移動します。
  • ジュニアユースページへ移動します。
  • トップチームページへ移動します。

横浜市港北区新吉田東6-48-8-201
TEL:045-534-1516
E-mail:info@mundo-do-cojb.com

テクニック集へ移動します。

COJBブログ

  • 今野代表ブログへ移動します。
  • COJB育成日記ブログへ移動します。
  • ブラジル情報ブログへ移動します。
  • 博多名物しろ味噌もつ鍋 もつ真路(もつまろ)へ移動します。
  • FC COJB ブラジルサッカー育成部門

【Jr.ユース】FC COJBとは? が12月にセレクション&練習会実施します

FCCOJBは12年間のjr.ユースの歴史の中で、プロ選手、
高校即戦力輩出に成功しているクラブの一つであると高校の指導者からも評価を頂いております。中には、特待生の枠を特別に用意して下さっている高校もあります。
私達から見れば、まだまだそこまでの器量ではないと思いながら、とても有難いお話です。ご家庭に対しても経済的に大変有難いお話のはずです。

FC COJBがチーム成績に関係なく、選手育成に成功しているのは、
小学生時代に目立たなかった選手を大切に、手塩にかけて、3年間で仕上げていく指導方法を確立しているからです。
何故、目立たない選手を目立つ選手に変化させられるのか?
それは我々指導陣もかつてはエリートではなかったからです。だから、最終的にはエリートで上がって来た選手に負けない技術と人間性に成長して貰いたいのです。

1日、2日間のセレクションでその選手の本質を誰が見抜けるのでしょうか?
これは、そのようなセレクションを実施しているクラブを否定するものではなく、
むしろ、保護者の方々にお伝えしたいことなのです。

成長期である小学生から中学生の年代です、あくまでも現時点で目立つ子、例えば、『身体が大きい、足元が器用、身体能力高い、最初からしっかりボールが蹴れる。
言わなくてもリーダーシップをとっている』など、
誰が見ても目立つ子は成績上位のクラブが放っておくはずかありません。

では、その選考に漏れてしまった子は一体どこに行ってしまうのでしょう?
親が「J下部や、あそこ(成績上位クラブ)に受からないないなら部活にしろ!!」という話を
よく耳にします。これはとても勿体ない話であると思います。
誤解が生じると困るので、予め前置きさせて下さい。
部活でも十分選手は育ちますので部活でやることがダメなのではなく、選択肢がそれ(上位クラブ)しか考えられないことが勿体ないという意味です。

私達は、長年、選手輸出世界一の国、ブラジルのプロのスカウティング、指導関係者と関りを持ち続けておりますが、このクラスであれば、その選手が大成するか否かの判断はある程度つくとコメントしていますが、その確率は小学生、中学生のスタート時点の
話では、6割りにも満たない、あくまで賭けになるとコメントしています。それは年齢が高くなるに連れて、例えばU15になった時点では見極めの確率は上がるということだと。
要は、U12,13ではプロでさえ、確信が持てないということです。

FCCOJBでは例えば、
『家の息子はできればプロに近づけさせたい、プロに近づけなくても、せめて高校の強豪でスタメン張れるレベルまで行って欲しいし、行けると親から見ても思っているので成績上位のクラブチームしか考えていない』という親御さんに対しても、期待に応えられるものがあるという根拠があります。

1期生11名中、正式にプロになっている選手が3名、もう1名は2017年に大卒で
Jクラブのプロ契約オファーを断っている選手がいます。この選手をプロレベルということで含めますと4名もいるということになります。
この4名には申し訳ないですが、全てエリートからはかけ離れた最初のレベルでした。
振り返れば、彼らは先輩がいなかったので、
U13の年代でU15リーグ、大会を戦っていた、いわば飛び級でなくては戦えない状況にいたということが、レベルアップのイチ役を担ったことだと思っています。どう考えても、最初の段階でお世辞にも優秀だとは言えない面子でした。新規参入クラブにそのような選手が入団するはずはありません。

一般的には、同年代を意識するでしょう。しかし、個の育成であれば、チームとして上にのし上がるという考えよりも、1年生から飛び級でU14,U15リーグに出場するビジョンを持って頂きたいと思っています。

例えば、『飛び級』という育成には大切な成長の要素の一つに焦点を当ててみましょう。
要は、1ランク、2ランク上の年代、スピード、体格差でプレーするということです。

世界基準のプロ選手達は育成年代の時には既に2つ、3つ飛び越えたクラスでプレー経験を積んできています。U13の選手達は、同年代の試合もあり、更にU14,U15の試合もあるというビジョンで考える必要があるのではないでしょうか?

成績上位クラブ=人数が多い。同年代に自分以外に30人、40人もいることはざらです。
勿論、先輩のクラスにもそれに近い人数がいる中で、飛び級できる可能性は確率的に下がります。高校に入学した時も同じことが考えられます。
最終到達点がプロというビジョンであれば、3年生でようやくポジションを獲れるようになるのと、1年生から飛び級を経験していた方が経験は違います。
それは強豪であればある程困難になってきます。

では、いつも強豪の中に身を置いていないとプロになれないのか?
それは正直に言ってイコールにはなりません。
強豪に入ればポジションを奪取するために努力するの可能性は高くなるのは間違いないでしょう。誰でも公式戦には出たいはずですから。

ただ、ご存じのようにサッカーは11人しか出れません。中学生年代は高校年代に向けて、より試合の出れる可能性のあるクラブを選択することも頭に入れて頂きたいと思っています。メイン大会、例えば中学生年代であればクラブユース選手権、高円宮杯です。
このメイン大会は一発勝負の緊張感があります。成績上位クラブはシード権が与えられ、
3回戦から通常は登場しますが、厳しいリーグで慣れているとは言え、初戦は初戦なので緊張はするのでしょう、得点するまでは、プレーが固くなっています。
この緊張感をBチームはエントリー枠に制限があるので漏れてしまい、経験できません。このようなこともあるということを知って頂きたいと思っています。

それでも上位クラブに拘るのか?または、チャンスのあるクラブを選択するのか?
どちらもあって良いし、あるべきだと思います。
お子さんのタイプは親御さんが良く知っていると思います。
ハイレベルの中で力を発揮するタイプなのか否かを。

大半の皆さんが、部活でなく、最初からクラブチームでサッカーを続けると決めている時、クラブチーム選びの際に、なるべく近場でリーグ成績の上位クラブに眼が行くと思います。
これはごく当たり前のことだと思います。

特に、新中学一年になる選手に直接の対象になるU13リーグの成績がかなりのウエイトを占め、上位クラブのセレクション案内の検索をしていることと思います。

成績上位のクラブには、巧い選手が集まる。
巧い選手達とプレーすれば、自分もスキルアップする可能性が、下位クラブに所属するよりも数段高い。と思われると思います。
これはごく自然の考えで、決して間違ってはいないと思います。

しかし、高校に入学した時にこそ、中学年代でしっかりと中身を詰めてきたのか?
いつも巧い選手の陰に埋もれてしまうのか?か゜はっきりと現れます。

これにより、高校で立場が逆転することがあり、FCCOJBは高校でそのことを実現させていることは間違いありません。勿論、全員がそのような選手として成長するということも言えません。ただ、FCCOJBの場合はその代にどのディビジョンに所属していても成長には影響されないということです。
このことは正直なところ、Jr.ユース発足から6年以上が経過しても、正直実感がありませんでした。ブラジルサッカーを信条に指導してきてはいるけれど、果たして正しい育成の道に進んでいるのか否かの確信が持てませんでした。自己満足なのでは?と。
しかし、本当にありがたいことです、何がきっかけで自分達が進んでいる道が、育成の道にそれてはいないと思わせてくれたのか?と言うと、それは紛れもなく、FCCOJBで厳しい練習を弱音吐かずに最後まで戦ったOBがユースで証明してくれたのです。
そのOBのプレー、姿勢、他が指導者の方々の評価に繋がったのです。
『来年はお前の出身クラブから新入生はうちに入学しないのか?練習会には参加しないのか?』と。このような有難い評価が県内外から頂けるようになっていたのです。

しかし、このような出来事は、どこのサイトやランキングに公表されるものではありません。
プロやユースの即戦力を育てていると宣伝しているのになぜ県リーグは下の方にいるの?
という疑いの目があって当然です。

チームとしての総合力はそれに値しなくても、個としてはしっかりと育ってくるクラブであることは間違いないことを周囲から気づかせて頂いたということになります。

このようなクラブもあるということを皆さんに知って頂きたいという強い願望があります。

FC COJBインファンチウ

このクラブ名をまず片隅にでも覚えて頂けたら大変光栄です。

【セレクション及び練習会のお問い合わせ】
info@mundo-do-cojb.com

090-9679-4018(お急ぎの方)今野まで

FCCOJB代表
今野英一

KC4F0070

KC4F0070

【可能性は誰にでもある】
神奈川新聞20140203

ニュース一覧へ>>