TOP » ニュース » 【中学育成日記】君はバカになれますか?

年代別スクール

  • COJB少年サッカースクールページへ移動します。
  • ジュニアユースページへ移動します。
  • トップチームページへ移動します。

横浜市港北区新吉田東6-48-8-201
TEL:045-534-1516
E-mail:info@mundo-do-cojb.com

テクニック集へ移動します。

COJBブログ

  • 今野代表ブログへ移動します。
  • COJB育成日記ブログへ移動します。
  • ブラジル情報ブログへ移動します。
  • 博多名物しろ味噌もつ鍋 もつ真路(もつまろ)へ移動します。
  • FC COJB ブラジルサッカー育成部門

【中学育成日記】君はバカになれますか?

本気でサッカーが好きなのであれば、中途半端にせず、バカになって
取り組んで欲しい。中学1年生では、皆、「将来の目標はプロ選手」といい
ます。しかし、2,3年生になると何故か勝手に自分で自分の限界を決めつける
メンバーがいます。考えてしまうのでしょう。試合メンバーに抜擢されている
、いない、仲間と自分、対戦相手と自分との比較をして、劣っていれば
そこで現実を見るのでしょう。しかし、バカはそんなこと考えません。

ひたすら夢に向かって努力します。自分より巧い人間なんてキリがないほど存在します。周囲も「お前は無理」と
直接言うか、陰で言うか判りませんが、それを耳にすると、また、考えてしまいます。自分の夢・目標がブレてきます。しかし、バカはそんなことに耳も貸しません。ただ、ひたすら夢・目標に向かってまっしぐらです。
大人になって後悔しないよう、今、やれることに懸命になって突き進むのです。

何故、このクラブからプロが生まれるか?このクラブにはエリートは入団しません。
もし、それぐらいの優秀なメンバーがウチに入るのであれば、リーグのクラスももっと上にいるはずです。

君はまだ、これからです。潜在能力は未知数。だれが君たちの将来を決められますか?
君自身が強く思い、踏み込んでいくものです。踏み込んだら中途半端にせず、とことんその目標に向かい努力し続けるのです。それができるか否かだけです。本気で行動したら、言動、行動、体つき、顔つきすべてが、そのように変化していきます。子供の要素から大人に進化していくのです。

決して、将来プロ選手になれなかったとしても、一生懸命やったことで、次の人生で人間力として、役に立つものです。君は、サッカーに全てを捧げることができますか?サッカーのためなら他にやりたいことがあっても我慢できますか?仲間と遊びに行くことが先ですか?スマホでゲームしている時間があるなら、家の前で足りない技術を補足できますか?電車の移動中、座席には一切座らず、トレーニングするくらいの気持ちがありますか?
最寄りの駅の全然前の駅から下車してランニングして帰宅するくらいの気持ちはありますか?いつもでもどこでも自主トレができるようにボールを持ち歩いていますか?
人の上に立つ選手達は、天才選手以外は、皆、傍から見ればクレイジー、バカなんです。だから、人の上に立てるのです。普通にしている人が、プロに近づくはずがありません。

人生には、今しかできないことがあり、今やらなくても後でできるものもある。
スポーツ選手は歳をとってからでは目指せません。「あの時、やっておけば良かった」と後悔するなら、今、やるべきこと、今しかできないことを徹底的にやるべきです。

目標が定まった人は強いです。なぜなら、自制心が養われる。つまらないことを考えることもない。
私生活の姿勢も違います。手を抜く事を嫌います。

定まっていない人は逆に、いろいろなことに気が散ります。練習より、勉強より遊びが優先です。
世の中の同年代のアスリートを見てください。クラスメイトが遊んでいる時に、練習や勉強に時間を割いているのです。とても遊んでいる時間などありません。これは覚悟を決めているからです。決めた目標を手に入れるために、日夜、そのことに全てを捧げているのです。犠牲を払って目標に向かい日々戦っているのです。
そのことが、言葉に重みを増し、とても同世代がインタビューに答えているとは思えないほどしっかりしています。

ですから、目指すことは決して無駄なことではないのです。いや、やるなら目指すべきです。
「自分は下手だから・・・」と思うことはないのです。思うだけで行動に移さなかったら下手のままです。
COJBは、本当に下手な若者をブラジルでプロデビューさせました。高校時代は3軍の選手でした。彼もバカの一人、ただ、踏み込んで、周囲の雑音も気にせず、自分を信じて努力を重ねた結果です。
そんなメンバーを見てきたので、君達にできないはずはないと思っています。
出来ないというのはすべて踏み込めない自分に言い訳しているだけに聞こえてしまいます。
下手でプロデビューしたOBは今、40歳を迎えています。引退後は、障害者の施設で主任を任され、第二の人生でも大いに、活躍しています。3人の子供のお父さんでもあります。
サッカーでやり切ったこと、学んだことを世の中に還元しています。
君に何ができないものでしょうか? 『可能性は誰にでもある』です。踏み込むか否かです。
COJBは言います『勝手に自分の限界を自分で決めるな!!』と。

Jリーグでプレーしたいなら、やはりOBにJクラブのフロントで活躍している者も数名います。君がプレーを見てもらいたいならOBが力を貸してくれます。
COJBとはそんなクラブです。まず、3年間、徹底してやりましょう。
君達の情熱と、私達コーチの情熱が重なった時、化学反応が起こっています。

日本、ブラジル、ポルトガル、ドイツ、ウルグアイ、ボリビア、ベルギー、ラトビア、ベトナム、モルドバ、マルタ、モンテネグロ、メキシコ、この国でプロデビューしています。

COJBは夢と目標を持てるクラブです。 一緒に夢を持って戦いましょう!!
18446652_628248497366504_5586278477939265219_n[1]

ニュース一覧へ>>