TOP » ニュース » 【Jr.ユース3期生】吉野裕太郎がプレー集の一部をYou Tubeに載せました。

年代別スクール

  • COJB少年サッカースクールページへ移動します。
  • ジュニアユースページへ移動します。
  • トップチームページへ移動します。

横浜市港北区新吉田東6-48-8-201
TEL:045-534-1516
E-mail:info@mundo-do-cojb.com

テクニック集へ移動します。

COJBブログ

  • 今野代表ブログへ移動します。
  • COJB育成日記ブログへ移動します。
  • ブラジル情報ブログへ移動します。
  • 博多名物しろ味噌もつ鍋 もつ真路(もつまろ)へ移動します。
  • FC COJB ブラジルサッカー育成部門

【Jr.ユース3期生】吉野裕太郎がプレー集の一部をYou Tubeに載せました。

強さ、戦車・・・。「自分はこれだ!!」ということはこの映像で伝わってきます。
まずは海外で旗を揚げるために、日本のあるクラブで試合感覚を落とさないようにしっかりとコンディションを調整しています。
ブラジルのサンパウロリーグで全ての試合にスタメンフル出場した映像がもっとあるはずですが、なかなか入手できず、ほんの一部のご紹介。

中学を卒業してJr.ユース同期の森大地とブラジルへプロを目指して旅立つ。
1期生から5期生は特にチーム内で「プロ」というフレーズは常に飛び交っていました。

近年は、そのようなレベルのメンバーがCOJBに足を踏み入れないのか?
など色々考えましたが、決してそうではなく、恐らく、COJB自体がそのフレーズを内部であまり使用していなかったのかもしれません。

「中学を出てそのままブラジルへ」なんて、ここ最近ではちょっと有り得ないお話です。
Jr.ユース在籍中に遠征2週間くらいなら希望して参加するメンバーはいますが、
卒業後に日本の高校を行かないで、ブラジルで人生を懸けるというのは並大抵のことではないことが、近年のメンバーを拝見していても解ります。

高校でしっかりプレーしているOBでさえ、高校後に何をしたいのかも伝わって来ない中、
吉野の目標はあまりにも明確です。Jリーグ入りを目指すクラブからは4~5クラブから声を掛けて頂きましたが、吉野の視点はまだ海外で成功すること。

小学、中学生時代、決して巧い選手ではなかったし、ブラジル3年目になっても、
そろそろ帰国して他の道を探した方が良いのでは?という話も出ていた中、
COJBのブラジル技術スタッフ兼プロ監督、元コリンチャンスのプロ選手、モイゼース氏が吉野のプレーへの価値を見出し、U20、プロと、コンスタントに公式戦に出場し、スタメンを勝ち取るまでに成長させた。3年間はブラジルの高校に通う。
他にも中学卒でブラジルに行った若者がいるが、言葉が解らず、授業を聞いていてもチンプンカンプンで、生徒も真面目に出席しないので、通わない者もいるなかで、吉野は3年間、クラブによって何度も転校生となったが、どこの町に行っても真面目に高校に通った。
そして、言葉も堪能になった。

ブラジルに旅立つ前は、私と練習したが、言葉を覚えさせるために辞書を持たせて基礎練習をさせたこともある。しかし、なかなか覚えなかった。

やはり現地で使いながら、必要に駆られていくと覚えるものである。
結局吉野は3年で帰国への危険タイマーが点灯していたが、努力の甲斐もあり5年ブラジルで経験を積んだ。

5年間、色々な町、クラブを回った。サンパウロからバスで3日間もしないと到着しない州へも行った。オフ中は、プロが集まる試合に呼ばれ、試合に勝つとクラブのオーナーが勝利ボーナスを支払ってくれるなど、ブラジル流、ブラジルにすっかりと腰を据えた選手の一人。

本当に難しいこと。

これを読んでいるも、「お金があれば、自分も・・・」と思う人もいると思いますが、
そんな簡単なことではありません。

吉野もバカの一人。諦めない。自分を信じているバカの一人です。

吉野のような良い意味でバカな選手がCOJBから沢山生まれさせたい。

別に、ブラジルでなくてもサッカーで目指すのはどこでもできます。

吉野にも一旗揚げて貰いたい。

ニュース一覧へ>>