TOP » ニュース » 【育成日記】誰が動き出してもいい

年代別スクール

  • COJB少年サッカースクールページへ移動します。
  • ジュニアユースページへ移動します。
  • トップチームページへ移動します。

横浜市港北区新吉田東6-48-8-201
TEL:045-534-1516
E-mail:info@mundo-do-cojb.com

テクニック集へ移動します。

COJBブログ

  • 今野代表ブログへ移動します。
  • COJB育成日記ブログへ移動します。
  • ブラジル情報ブログへ移動します。
  • 博多名物しろ味噌もつ鍋 もつ真路(もつまろ)へ移動します。
  • FC COJB ブラジルサッカー育成部門

【育成日記】誰が動き出してもいい

現状、一番下のリーグにいてそのリーグでも下から2番目の成績で終えた1年生が早くも2年生になる。

もし、U15リーグが今の厳しいリーグに残れた場合、実質、この新2年生が引き継ぐことになる。
また下のリーグに降格となった時に、どうやって自力で上のリーグに昇格させられる?
今から先を見据えて練習に励まないで先はあるか!練習に参加して練習するのは、当たり前のこと。

新3年生かて、まだまだのレベルにいる中で、新2年生が新3年生と同じ量や質の練習して普通に帰宅するとは一体どういうことだろう?

春休みは貴重な期間だ。昼間にじっくり練習出来る。
グランドの時間に束縛されずにじっくり練習に時間を掛けられる大切な期間であるはずだ。今日は練習後に新2年生を1人呼び出しトラップの追加練習を実行。大した難しい浮球のボールでもないのに、ボールを止める位置、コントロールがどうも安定しない。
足、腿、胸、頭、どの箇所にボールが飛んで来てもしっかりとコントロールし、しっかりとしたボールを相手に返す。
たった、このような単純な技術練習をやらせても、安定感はない。
たまたま、このメンバーが最近になり、U15リーグで大切なポジションを任されるようになっているので呼んでみてやらせてみただけだが、こんなにも安定してないとは…苦笑。

でも、無理もない、ただでさえ技術不足なのに、それ以上にやる姿勢が欠けているから。
また、たまたま僕に呼ばれてトラップの練習をしたメンバーは一応追加練習を30分ほどして帰ることになるが、他の新2年生が、それに釣られて自ら追加練習をして帰ろうとする気配はなかったのはあまりにも残念なこと。追加練習をする時間は少なくても40分はあった。
40分もあれば集中してやれば、かなり良い練習が出来る。
その40分、僕に呼ばれたメンバーが追加練習をしているのを横目に、さっさと着替えて談笑しているだけ。
たまたま呼んだメンバーもたまたまやっていたから補強にはなったが、呼んでなかったら談笑メンバー組にいたことも予想される。

『それでいいんか!』
追加練習を終えた後、談笑メンバーに言った。

『お前達は普通レベルでは決してない!現時点では普通以下。人の3倍やってようやく普通レベル、まずその現状を知るべきだ!!チーム練習の前に1練習、チーム練習で2、チーム練習後に3、これで普通、弱く下手なままでいいなら何も言わない、だからワザと1名呼んで補強練習を見せたんだ!』

自分で動く術を知らないなら、まず、誰かが動くしかない。最初に動くのがメンバーの1人ならそれに越したことはない。
でも、誰もいないならまずコーチが動いてもいい。ただ最初だけだ。コーチはコーチ、試合をするのは自分達だろ?『お前達はどうしたいのだ?』の問いかけに『強くなりたい』とは言うが、しかし、何も伝わらない。行動が伴ってないもん。

やらない人間って、どこかでやらない理由をいつも作ってるの。

メンバーは好きなことしてるのにね・苦笑。

好きは好きだけど、それ以上に好きではないということかね…。チーム練習で満足するほど全身全霊込めてやってる域には毛頭なってない。
やりきってない。

春休みなんか最高の期間だと言う。昼間からボール蹴れるからね、上手くなりたい、サッカー好きにはたまらない期間なんだよね。本来、人から促されてやるものではない。勉強が好きな人は自ら勉強をするので、一々親から『勉強しなさい!』とは言われる前にとっくにやってる。でもウチにいるメンバーの中に本当に勉強が好きで自ら勉強している者がいるか?と言えば、いてもごくわずかだろう。でもサッカーだよ?好きだからクラブチーム入ったんでしょ?まぁそれは部活に入ってる人も一緒だけどね。

折角、練習してるのに、負け続けて楽しい訳がないはず。

力が足りない面子が最初は集まっているのかもしれないが、それがどうしたって思うね。

1年生時にはかなり劣っていても、意識、姿勢を少しずつでも変えて行けば、試合でもいままでと違う自分が出てくる。
やればできることに今まで気づかなかった自分を知る。人は自らそれが実感できると、欲が出てくる。

「もっと巧くなれるんじゃないか」ってね。

1年生時って身体の大きさにより、大きな差がある。しかし、どこかで、やがて体格は変わる。

人によって身体の成長時期は異なる。

毎年、1年生時には小さく、痩せていたりしているメンバーが殆どだが、「いつ身体が成長するんかな?」って思っていると3年になると、身長がにょきにょき伸び、大きくなっている。

身体の成長の前に、技術の中身、ハートなどが宿れば、それは武器になる。

やっぱりね、ハートだよ。心が育つこと。

サッカーの技術はサッカーをやっている時しか役に立たないが、サッカーをしながらハートが育つことによって、これは
将来、役に立つ。どの社会に行ってもね。

そのベースを宿らすには、メンバーの心に触れて揺さぶらなくてはならない時も多々ある。

甘くないんだよね社会は。だからこそ、苦言を呈さなくてはならない時が多々ある。

それが中学生年代だと思う。楽しいだけじゃだめだ。もっと自分を追い込んでやってみろよ!!って言いたいね。

必ず返ってくるから。

ニュース一覧へ>>