TOP » 少年サッカースクール » 特別コース

少年スクール・コンテンツ

年代別スクール

  • COJB少年サッカースクールページへ移動します。
  • ジュニアユースページへ移動します。
  • トップチームページへ移動します。

横浜市港北区新吉田東6-48-8-201
TEL:045-534-1516
E-mail:info@mundo-do-cojb.com

テクニック集へ移動します。

COJBブログ

  • 今野代表ブログへ移動します。
  • COJB育成日記ブログへ移動します。
  • ブラジル情報ブログへ移動します。

特別コース 「プレインファンチウ」とは

前年度の「特別クラス」を「プレインファンチウ」と名称変更いたしました。この特別スクール・プレインファンチウの起源は「今野塾」にあります。「今野塾」は毎週月曜日の夜7時から開始し、2時間みっちりとあらゆる基礎を身体に染込ませていきます。心技体を磨く場所です。

通常のスクールと特別クラス・プレインファンチウの方針の違いは、前者はスクール生のレベルにあったカリキュラムが当てはめられていきますが、後者はスクール生がここのレベルに合わせなくてはならないという違いがあるということです。そして、次なる年代(中学生年代)に向けて心身ともに準備していくクラスです。

通常スクールはボールを蹴る楽しさを感じ、継続していく場。特別クラス・プレインファンチウは激しく、厳しさの中からハイプレッシャーの中で技術を一つ一つ習得していく楽しさがあり、同じ楽しさでも後者は「厳しい、甘くない、だから楽しい」を体感し、楽しさの種類を進化させていくものです。

そしてここの大きな特徴は年齢の層が厚いということです。4年生から中学生、引退したコーチなど普段から身体を鍛え上げた選手と真剣に向き合い、勝負をするという環境があります。また技術的に、小柄な小学生が大柄な選手からボールをしっかりと守れる技術がここにはあります。ブラジルの育成年代の選手のように身体を巧く使いボールのキープ力を上げることが身に付く場所です。ここには年上が年下に対して手を抜くということは一切なく、年下も年上に負けまいという闘う気持ちを養っています。
また、普段の当たり前の常識がここでは通じないことがあります。相手が年上であろうと、自分の正しいと思ったことは、年上に気兼ねなく自己主張をして自分が損をしない人間になり、またサッカーを通じて、自立していく場でもあります。

「イノセンチ=潔白な、無垢な、無知な」という言葉はサッカーにおいては時に妨げになる場合があり、損をします。その損が「負け」に繋がるシビアな世界です。基礎技術は勿論のこと、自分がどうしたいのか?どうしたかったのか?を自己主張する習慣を特にゲームで徹底していきます。
特別の場合は、一般スクールに比較しますと指導内容のこだわりや「深さ」の違いは多分にあると思います。選手達を子ども扱いしないように接していくということも特徴であります。「対話」を大切にしていく場であり、子供を大人にさせていくというという環境づくりの一部でもあります。

対象・所属条件

  • ・現サッカーレベル重視より、気持ちが強い選手で5〜6年生
  • ・年上に入って順応できる審査を通過した4年生
  • ・通常スクールクラス(東方、赤田西)に3ヶ月以上所属している事。

指導内容

指導の内容はジュニアユースにより近く、時には同等のものとなります。
特に夏、冬休みなどはトップチームやジュニアユースとの合同練習も行う可能性もあります

開催日時、会場、費用

週に2〜3回
詳細はJr.ユーススケジュールをご覧ください、プレインファンはJr.ユースの予定で活動しております。
時間、会場の詳細は入会案内にもございます。そちらをご覧ください。宜しくお願いします。